スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年のおわり。

いろいろ、電気のない任地でブログ書きためてたんですけど、

首都に行っても忙しくってアップできないまま年末です。

まさに師走。







明日からウガンダのエルゴン山という山にのぼって、

初日の出見てきます!




山中3泊4日、標高4321mだそうです。おぼえやすい!




心新たに、新しい年を迎えたいものです。




とかいいながら、年始は、無事下山してからたまってるブログアップします^^;

ということで、来年はウガンダブログ一挙公開、おたのしみに!



それではみなさん、よいお年を!
スポンサーサイト

半年がたちました。

半年たって、感じること。



・・・・あっという間!


「村落開発普及員」という

いわゆるなんでも屋的な職種のせいか、

生活はいっこうにおちつく気配がないし、

それゆえにこの半年はものすごいはやさで過ぎていったような気がします。


活動はこんなかんじで、




buwaya.jpg

entebbe1.jpg

craft bukhohu









成功したり、






buwaya sukuma







失敗したり。






buwaya tomatoes



ま、失敗のほうが多くて反省ばっかりしてます。

反省ばっかりするのもなんなので、

間にいろいろ挟んで気分転換ばっかりしてます。

たのしいです^ー^

おそうしき その2

今回のおそうしきは、本当にかなしい。



12月23日朝、近所のなかよしのおばあさんの泣き声が村にひびきわたる。


家で働いてたジョンが、

「誰かなくなったみたいだけど誰だろう?」

と聞いてくる。


私も首をかしげていると、

近所のムクワノさんが牛を放しに来て、

「○○○の子供が亡くなった。」

と伝える。






・・・・。

まじか・・・・。



心肺器官に問題があったその赤ちゃんは、

ケニアでしか手術ができないということで、

教師として働いているお母さんから、

なんとかファンドを見つけて協力してくれないか、

と言われたことがあったのです。




同居人のおばあちゃん(ジャジャ)と家を訪ねると、

亡くなった赤ちゃんを囲み、親族の方々は大声を上げて泣き続けていました。



次の日は訪問者の接待をしていたので、

おそうしきは全部は参加できなかったけれど、

最後の部分だけちょこっと顔を見せて、

赤ちゃんの冥福を祈り、ささやかすぎる小銭を置いてきました。


親族の方が赤ちゃんの横で大声で泣き続けていました。

老人が亡くなった前回のお葬式とは空気が違いました。




クリスマスはキリスト教国ウガンダの盆正月といえる大切な祝日だけど、

私のよく知ってるあの家族は、

例年通りに祝うことはできないでしょう。



こんな厳しい現実をいつも目の前につきつけられて、

大家族を養い生きているアフリカの農民たちの

キリスト教への強い信仰心は、


干ばつや飢饉で苦しんで大仏にすがった昔の日本の農民のそれと、


通ずるものがあるのかもしれないなぁ、と、


教会で牧師さんの分かりもしない部族語(ルギス語)の説教を聞きながら、

ぼんやりとおもったのでした。

アフリカきたんだ。

kingfisher.jpg



ウガンダにきて、はじめてアフリカきたんだ!って思いました。



クイーンエリザベス国立公園にサファリに行ってきました。

baffaro-.jpg


バッファロー。


DSC_0269.jpg


カバ。


DSC_0291.jpg



動物がいっぱい。

車とボートでのサファリは楽しかった――――――!

車の上に乗ったりできるし、やりたい放題でした。

PC060742.jpg




さぁ、「こんなの行きたい!」と思ったそこのあなた!


YOU'RE WELCOME!! ^ー^

保護者会。

活動はさておき、ウガンダ人との人脈は日々どんどん拡がります。


ひょんなことから仲良しになった隣県の小学校の経営者に、

「今度の保護者会に来てほしい。」

と言われて、オモシロ半分に参加してきました。


9:00開始・・・

の予定が案の定11:00くらいになり、仕事を早く終わらせたい県庁職員は、
参加者5・6人の前で強引に話し始めてさっさと帰りました。

男女トイレは分かれてなきゃいけないとか、生徒何人に対しトイレいくつとか、なんかそういう規定を話してた。(トイレの規定だけじゃありません。)

でもトイレだけとっても、全然守られてない。(守られてないのはトイレだけじゃありません。)

5・6人の親にまじって座って、日本の環境ってすごい、とあらためて感じる。



12:00にやっと進行表が配られ、正式に始まる(すでに県庁職員はいません。)

生徒のかわいらしいウェルカムソング。

PS student



進行表を見ると、

1.speach by ----
2.speach by head teacher
3.speach by manager
...
6.speach by CANA
....

「CANA?」
県庁のトップがCAOって呼ばれてるから、それの打ち損じかな?なんの略だろう?

と思っていたら・・・









・・・・私の名前でした。

スペル違うし。本名じゃないし。そんなん聞いてないし。 ^^;

紹介されてびっくり→そのままスピーチへ。


自分より年いった親御さんたちを前に、教育について適当に熱く語るという愚行。

なんとかなるのがもはやなんかいやだ。


(外人ということでごまかせ、)なんだかんだでスピーチもうけたもようでお友達の経営者は大喜び。

PTAの役員なども決まり、学校はじまって(創立1年)初めての保護者会にしては上出来なそうな。

帰りに、「お土産があるから持って帰って」と言われて、


またまたビックリ!

owino.jpg


活きのいい、ニワトリ、いただきました。

ニワトリ片手にタクシーとかいろいろのりこなし、

持って帰ると家のみんなは大喜び☆

次の日、同僚がとさつしてくれて、みんなでお昼に食べました。


ちゃんちゃん!


*ちなみに、写真はおともだちの学校経営者、オウィノさん(右)とその奥さん(左)でした。
11 | 2011/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

KANA

Author:KANA
23年度1次隊の村落開発普及員として2年間ウガンダのNGOにおじゃまします。自分なりに2年間一生懸命やってきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。